日産九州工場、新ゲストホールをオープン

自動車 ビジネス 企業動向

日産九州工場、新ゲストホールをオープン
  • 日産九州工場、新ゲストホールをオープン
  • 日産九州工場、新ゲストホールをオープン
  • 日産九州工場、新ゲストホールをオープン
日産自動車は、九州工場に新ゲストホールを建設したと発表した。九州工場は、1975年に九州初の自動車工場として操業を開始し、約30年間で累計900万台以上の車を生産した。現在、福岡県で生産される乗用車の6割が日産九州工場で生産されている。

現在は、九州工場で国内市場向けの『プレサージュ』、『ブルーバードシルフィ』、北米向けの『ムラーノ』や国内外向け『エクストレイル』、『プリメーラ』などを年間約50万台生産しているほか、アクスル(車軸)も生産している。また、隣接する専用埠頭からは、同工場で生産した車両を国内各地向けに加え、輸出もしている。

新設したゲストホールは、従来に比べフロア面積を約100平方メートル拡大し、九州工場生産車など、同社の新型車の展示や、日産車の情報が検索できるデジタルギャラリーの導入、企業情報や周辺地域情報を発信するコーナーの充実を図るなど、全館を通じて日産ブランドを体感できるスペースに仕上げた。

新ゲストホールは、土曜や日曜、祝祭日にもオープンする。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集