米国・欧州向け低迷…2月輸出

自動車 ビジネス 企業動向

日本自動車工業会は、2月の自動車輸出実績を発表した。それによると四輪車輸出台数は、前年同月比1.0%減の39万12台で、2カ月連続でマイナスとなった。

輸出金額は、車両分65億7759万ドル、部品分が21億1001万ドルの総額86億8760万ドルで、同9.6%増だった。

車種別では、乗用車が同2.1%減の33万1854台と2カ月連続でマイナスだった。うち、普通車は同3.0%増の22万5934台、小型乗用車が同11.6%減の10万5614台だった。

トラックは同5.3%増の5万4061台と4カ月連続でプラスだった。普通トラックが同1.3%増の4万6364台、小型トラックが同37.5%増の7689台だった。

地域別では、アジア向けは同4.1%増と9カ月連続のプラスだったが、EU向けが同15.1%減と2カ月連続のマイナス、米国向けが同3.5%減と10カ月連続でマイナスだった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集