【インプレ'04】両角岳彦 三菱『ランエボMR』 特異さよりも基本性能追求へ立ち返った

試乗記 国産車
【インプレ'04】両角岳彦 三菱『ランエボMR』 特異さよりも基本性能追求へ立ち返った
  • 【インプレ'04】両角岳彦 三菱『ランエボMR』 特異さよりも基本性能追求へ立ち返った
ダンパーを国産某社からビルシュタインに変えて、だいぶマトモになった。車体もタイヤも跳ね続け、正常に運転できないほどの状態から、脚のストロークが何とか素直に出るようにはなった。しかし前輪保持の剛性がまったく足りず、舵への応答の乱れや妙な保舵力変動が絶えない。

後輪左右駆動力制御で「曲がりたい時にはアクセルを踏む」、つまり運動エネルギーが増えるのを無理矢理曲げる誤った味付けも若干修正。

でもエンジンはターボラグが大きく、引っ張ってもトルクの伸びは頭打ち。いずれにせよ、知性が低くアブないクルマなのは変わりなし。

■5つ星評価
パッケージング:★☆☆☆☆
インテリア/居住性:★☆☆☆☆
パワーソース:★★☆☆☆
フットワーク:★★☆☆☆
オススメ度:★☆☆☆☆


両角岳彦|自動車評論家
1951年長野県松本市生まれ。モノごころついた時からクルマが好き。大学・大学院と自動車工学を修め、自動車専門誌を経て独立。現在は徳大寺自動車文化研究所・主任研究員としてディーゼル排気浄化システムの開発に注力中。
《》

特集