【インプレ'04】桂伸一  三菱『ランエボMR』 排気量アップを思わせる怒濤のトルク感

試乗記 国産車

【インプレ'04】桂伸一  三菱『ランエボMR』 排気量アップを思わせる怒濤のトルク感
  • 【インプレ'04】桂伸一  三菱『ランエボMR』 排気量アップを思わせる怒濤のトルク感
もうこれ以上の進化はないだろう。と新型が出るたびにそう思うランエボだけど、MRはまたまた進化した。とくにエンジン。

まるで排気量アップしたかと思うくらいターボトルクが効き始めてからの加速感というか、回転の盛り上がりかたが尋常じゃない勢い。

旋回性能を高めることと安定性に効くAYCやACDの制御もより自然になり、知らないうちに速い速度で曲がれたという感覚。

アルミルーフの効果は、エボVIIIとMRを乗り比べるとアタマが軽いかな程度。だが感じる以上にクルマの運動性にとっては重要な効果があるハズ。……進化は無限に続く。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★


桂 伸一|モータージャーナリスト
クルマ雑誌編集部員を経て、フリーランスに。執筆活動やビデオマガジンのキャスターを務める一方で、レーシングドライバーとしても活躍。ダイナミクス性能に、トコトンこだわるインプレッションが好評。
《桂伸一》

特集