【JGTC】合同テスト---『フェアレディZ』が鈴鹿コースレコード更新

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

【JGTC】合同テスト---『フェアレディZ』が鈴鹿コースレコード更新
  • 【JGTC】合同テスト---『フェアレディZ』が鈴鹿コースレコード更新
12−13日、鈴鹿サーキットにおいてJGTC=日本GT選手権合同テストが行われ、GT500クラスで非公式ながらコースレコードを更新するなど『フェアレディZ』勢が上位を独占し、好調に2日間のテストを終了した。

テストに参加したフェアレディZは#1:ザナヴィニスモZ(本山哲/リチャード・ライアン)、#22:モチュールピットワークZ(影山正美/ミハエル・クルム)、開発テスト車両である#023:NISMO、チームインパルの#12:カルソニックIMPUL Z(井出有治/ブノワ・トレルイエ)、ハセミモータースポーツの#3:G'ZOX・SSR・ハセミZ(金石年弘/エリック・コマス)の5台。

12日は、新型車となるZには初期にありがちなマイナートラブルが発生したが、この日がシェイクダウンとなった#12が4位、#023が5位、#22が9位、テスト直前にTIでシェイクダウンした#312位とまずまず。

13日は午前中に#22のクルムが1分54秒029をマーク。これが2日間のテストのトップとなった。午後のセッションで#12のトレルイエが2位となる1分54秒216にタイムアップ。合同テスト結果として#023が3位、#1が4位と、Zがトップ4。#3も9位でテストを終え、日産勢は開幕に向け手応え。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集