トラックに潰されて死んだ自衛官、自殺をするよう求められていた

福岡地検久留米支部は11日、同僚に対して自殺をそそのかす内容の手紙を書いて手渡し、この同僚に自殺を実行させたとして、陸上自衛隊久留米駐屯地に所属する51歳の1等陸曹を10日までに自殺教唆罪で起訴したことを明らかにした。

自動車 社会 社会
福岡地検久留米支部は11日、同僚に対して自殺をそそのかす内容の手紙を書いて手渡し、この同僚に自殺を実行させたとして、陸上自衛隊久留米駐屯地に所属する51歳の1等陸曹を10日までに自殺教唆罪で起訴したことを明らかにした。

自衛隊内部での警察組織に当たる警務隊が2月中旬に逮捕し、検察に引き渡していた。

福岡地検久留米支部によると、この1等陸曹は今年1月、同期入隊した当時52歳の陸曹長に対して「君が自殺をしなければ僕が自殺をするよ」などと記した手紙を手渡し、自殺をそそのかしたとされる。

2人ともギャンブルなどでつくった数千万円近い借金があり、2人の間でも金銭のやり取りがあったようだ。手紙を書いた1等陸曹は陸曹長の保証人になっていた可能性もあり、このことから自殺するように仕向けたようだ。

陸曹長は今年1月19日、久留米駐屯地内の駐車場に止められていた大型トラックの下敷きとなり、窒息や内蔵損傷が原因で死亡しているのが部下によって発見されている。自分でトラックをジャッキアップしてタイヤ下に潜り込み、直後にジャッキを蹴り倒して下敷きになった可能性が高いという。

トラックの運転席には陸曹長の書いた遺書が残されていたが、1等陸曹の書いた手紙も一緒に置いてあったために事件が発覚。1等陸曹は警務隊に身柄を拘束されていた。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集