三菱自動車、保有株式を市場で売却、売却益は120億円

自動車 ビジネス 企業動向

三菱自動車、保有株式を市場で売却、売却益は120億円
  • 三菱自動車、保有株式を市場で売却、売却益は120億円
  • 三菱自動車、保有株式を市場で売却、売却益は120億円
三菱自動車は、保有株式の一部を市場で売却したと発表した。売却益は120億円で、2004年3月期決算で、特別利益として計上する。

同社は、2004年3月期連結決算で、720億円の最終赤字を計上する見通しで、資産売却による業績改善を進めている。今回の保有株式の売却もこの一環。

保有した株式の個別銘柄は明らかにしていないものの、三菱グループの株式も売却した模様だ。三菱自動車は業績が急速に悪化しているため、株や土地などの資産売却を進めており、これによって今期600億円の特別利益の計上を計画している。

今回の売却益120億円は、2004年3月期連結決算見通しには織り込み済みで、見通しの修正は無い。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集