【インプレ'04】津々見友彦 VW『ゴルフトゥーラン』 座ってよし、走ってよし、すべての面で練れている

試乗記 国産車

【インプレ'04】津々見友彦 VW『ゴルフトゥーラン』 座ってよし、走ってよし、すべての面で練れている
  • 【インプレ'04】津々見友彦 VW『ゴルフトゥーラン』 座ってよし、走ってよし、すべての面で練れている
フロントシートのデキのよさに感激。しっとりと腰を左右と後ろから自然に支え、気持ちがいい。

リヤシートも不満はないが、やや、バックレストが立ち気味。が、シートを中央部に寄せるとほどよくリクライニングできる。3列シートはやはり緊急用。大人には狭いがあると便利だ。

走りの質感は高い。乗り心地、静粛性、ハンドリングの正確さなど、さすがに練れている。動力性能は1.6リッターでは0-400m加速、19秒のようすで、速くもないが不満もない。2リッターでは17秒台と軽快で気持ちよい。

3列シートは簡単に倒せ、ラゲッジルームを拡大でき、しかも使いやすい。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★


津々見友彦|モータージャーナリスト
第1回日本GPに出場。日産、トヨタ、いすゞの元ワークスレーシングドライバーを経て、モータージャーナリストとして活躍。カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。その他にポルシェクラブドライビングスクールの校長も務める。
《津々見友彦》

特集