【ジュネーブモーターショー'04速報】さらに実用的に…カスターニャ『MINIワゴン』

自動車 ニューモデル モーターショー

【ジュネーブモーターショー'04速報】さらに実用的に…カスターニャ『MINIワゴン』
  • 【ジュネーブモーターショー'04速報】さらに実用的に…カスターニャ『MINIワゴン』
  • 【ジュネーブモーターショー'04速報】さらに実用的に…カスターニャ『MINIワゴン』
  • 【ジュネーブモーターショー'04速報】さらに実用的に…カスターニャ『MINIワゴン』
  • 【ジュネーブモーターショー'04速報】さらに実用的に…カスターニャ『MINIワゴン』
コンバーチブルだけが『MINI』(ミニ)のバリエーションではないとばかりに、かつての「カントリーマン」を彷彿させるウッドワゴンを出展したのは、ミラノにあるカロッツェリア、カスターニャ。

ショー会場には「クーパーS」をベースにした「ワゴン」をはじめ、「クーパー」をオフロードっぽく仕上げた「SUワゴン」、ウッドパネルをあしらった「ウッディ」の3台が展示された。

いずれもMINIのリア・オーバーハングを25cm延長しているが、ただストレッチして荷室を広げただけではない。カスターニャによれば「ベース車両からの変更は200箇所以上になる」という。

カスターニャは1849年に馬車を製造するコーチビルダーとして創業され、1920年代・30年代には自動車用ボディの架装業者としてコンクールデレガンスの常連となっていた。その後は表舞台から遠ざかっていたが、2003年にカロッツェリアとして自動車産業に再参入することを発表している。

つまり今回発表したMINIワゴンシリーズも、ファッション要素の強いカスタマイズ事業ばかりでなく、シャシーそのものに変更を加える大がかりなコーチビルディングも可能だということをアピールする目的がある。
《》

編集部おすすめのニュース

特集