【インプレ'04】下野康史 トヨタ『クラウン』 コクの部分では欧州車よりモノ足りなさを感じる

試乗記 国産車

【インプレ'04】下野康史 トヨタ『クラウン』 コクの部分では欧州車よりモノ足りなさを感じる
  • 【インプレ'04】下野康史 トヨタ『クラウン』 コクの部分では欧州車よりモノ足りなさを感じる
「いつかはクラウンからBMWやメルセデスに行ってしまう」若年層に対処した12代目。欧州風のプロポーションとサスペンションを得て、たしかに10歳若返った感じ。

BMWでいえば、5シリーズから3シリーズに乗り換えたようなコンパクトな走行感覚が、クラウンとしては画期的。

新しい直噴V6はパワーも数値以上に感じるが、燃費も優秀。3リッター・ツーリングでも燃費でリッター10km近く走る。

だが、サスペンションのフトコロの深さは、318iやC180にまだ及ばず。とくに“アスリート”は乗り心地の洗練が足りない。ベストバイは、2.5リッターのロイヤルサルーン。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワー&フットワーク:★★★★★
装備内容:★★★★☆
オススメ度:★★★★☆


下野康史|モータージャーナリスト
自動車専門誌の編集部を経て、モータージャーナリストに転身。現在はクルマ雑誌を始め、週刊誌のコラムなど幅広く執筆活動を行っている。親しみやすい文体のなかに見える、鋭い着眼点や独特の語り口にファンは多い。
《下野康史》

特集