【インプレ'04】河村康彦 トヨタ『アベンシス』 これまでのトヨタ車では味わえなかった感覚

試乗記 国産車

【インプレ'04】河村康彦 トヨタ『アベンシス』 これまでのトヨタ車では味わえなかった感覚
  • 【インプレ'04】河村康彦 トヨタ『アベンシス』 これまでのトヨタ車では味わえなかった感覚
アベンシスの売り物は「ヨーロッパ仕込みの走り味」。英国で生産され、ヨーロッパ市場の“ついで”に日本でも販売されるこのクルマの走りのテイストは、確かにこれまでのトヨタ車のそれとは一線を画した“硬派”さだ。

ストイキ燃焼のみを行う直噴エンジンが生み出す加速感は、従来のリーンバーン直噴のそれよりも遥かに力強く好印象。ただし、組み合わされるのが4速ATというのはなんとも時代遅れ。同じ心臓を積むウィッシュにはCVTの用意があるのに…。

もっとも、それよりもこのクルマの課題は、何とも地味なそのスタイリングにありそうに思うが。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★★☆☆
オススメ度:★★☆☆☆


河村康彦|モータージャーナリスト
1985年よりフリーランス活動を開始。自動車専門誌を中心に健筆を振るっているモータージャーナリスト。愛猫家なのに猫アレルギーが発症し、このところ辛い毎日……
《河村康彦》

特集