【インプレ'04】日下部保雄 ダイハツ『タント』 限りなくミニバンに近い軽ワゴン

試乗記 国産車

【インプレ'04】日下部保雄 ダイハツ『タント』 限りなくミニバンに近い軽ワゴン
  • 【インプレ'04】日下部保雄 ダイハツ『タント』 限りなくミニバンに近い軽ワゴン
限りなくミニバンに近いワゴン。クルマの仕上げも丁寧で、黄色いナンバーさえ見なければ、ちょっと幅の狭い小型車以上のレベルにある。

軽らしい楽しさもあり、多くのポケットエリアがあるのが特徴で小物の置き場には困らない。アイポイントは高く、それが余計に軽を感じさせない理由でもある。

動力性能も十分にパワフルで、大柄なサイズを感じさせない。4速ATの変速ショックもなくよく走る。ハンドリングもスタビが効果的で、予想以上に安定感とハンドル追従性がよい。キャビンの広さは十分で、作業も楽だがヘッドクリアランスはデッドスペースだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★★★


日下部保雄|モータージャーナリスト
1949年東京生まれ。車に囲まれた生活環境だったせいか、ついに仕事になってしまった。走らせるのが好きでモータースポーツからジャーナリズムの世界に入り、日本や世界のレース、ラリーに参加してきた。これからも出場するつもりだ。
《日下部保雄》

特集