【インプレ'04】河村康彦 スズキ『ワゴンR』 21世紀版ワゴンRとしてはモノ足りない

試乗記 国産車

【インプレ'04】河村康彦 スズキ『ワゴンR』 21世紀版ワゴンRとしてはモノ足りない
  • 【インプレ'04】河村康彦 スズキ『ワゴンR』 21世紀版ワゴンRとしてはモノ足りない
現在の軽自動車の世界に“トールボックス”のデザインを定着させた立役者は文句ナシにこのブランド。が、トップランナーゆえに昨年のモデルチェンジでは「守り」に入ってしまった印象が拭えない。

『新時代のワゴンR』を見たかったボクにとって、今度のモデルはデザインも走りもちょっと物足りない。90度近く開くドアは便利だし、室内の広さも不満なし。ワゴンRの伝統(?)である助手席クッション下の“バケツ”も使い勝手はなかなかいい。が、そんな従来型の弱点つぶしではなく、初代モデルのようなチャレンジングな精神が新ワゴンRには欲しかった。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★☆☆☆
オススメ度:★★★☆☆


河村康彦|モータージャーナリスト
1985年よりフリーランス活動を開始。自動車専門誌を中心に健筆を振るっているモータージャーナリスト。愛猫家なのに猫アレルギーが発症し、このところ辛い毎日……
《河村康彦》

特集