【インプレ'04】河村康彦 スバル『R2』 個性派のタウンスモールカー

試乗記 国産車

【インプレ'04】河村康彦 スバル『R2』 個性派のタウンスモールカー
  • 【インプレ'04】河村康彦 スバル『R2』 個性派のタウンスモールカー
軽自動車界のトップ2はスズキとダイハツ。“弱小ブランド”のスバルでは台数上での勝ち目はない。ということで、“ワゴンRクラス”での熾烈な消耗戦からは潔く身を引いたのがこのクルマ。

「航空機をモチーフとした」というマスクはボクの眼には許し難き醜さに映るが、全体のプロポーションは独創的で存在感もバッチリ。

4気筒エンジンがもっともその効果を現すのはアイドリング時。音質でも振動の小ささでもライバルに差をつける。一方で燃費面を考えても排気量はもっと欲しい。660ccの数字に縛られる限り、『軽自動車=燃費悪』のイメージ打破は不可能だ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★★☆☆
オススメ度:★★★☆☆


河村康彦|モータージャーナリスト
1985年よりフリーランス活動を開始。自動車専門誌を中心に健筆を振るっているモータージャーナリスト。愛猫家なのに猫アレルギーが発症し、このところ辛い毎日……
《河村康彦》

特集