【インプレ'04】日下部保雄 スバル『R2』 質感の高さは普通車に迫る

試乗記 国産車

【インプレ'04】日下部保雄 スバル『R2』 質感の高さは普通車に迫る
  • 【インプレ'04】日下部保雄 スバル『R2』 質感の高さは普通車に迫る
個性派ぞろいの軽のなかにあっても、ひときわユニークなのがR2。広さを追求せずに軽の使い勝手に重点を置いて開発された。

最近の軽らしく質感があり、一部小型車の領域を超えている。後席は背面が前倒するだけだが、割り切れば十分な広さだ。後席レッグルームも確保されているが、ヘッドクリアランスはミニマム。サイドウィンドウが小さいので圧迫感がある。その代わり前席はきちんとケアされている。

新開発のNAエンジンはけっこうパワフルでタウンユースには十二分の元気さ。ハンドリングも妥当だ。おしゃれだが軽らしくガンガン乗ってこそ格好よい。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★★★


日下部保雄|モータージャーナリスト
1949年東京生まれ。車に囲まれた生活環境だったせいか、ついに仕事になってしまった。走らせるのが好きでモータースポーツからジャーナリズムの世界に入り、日本や世界のレース、ラリーに参加してきた。これからも出場するつもりだ。
《日下部保雄》

特集