【インプレ'04】伏木悦郎 スバル『R2』 背伸びしない分相応のスペース性能

試乗記 国産車

【インプレ'04】伏木悦郎 スバル『R2』 背伸びしない分相応のスペース性能
  • 【インプレ'04】伏木悦郎 スバル『R2』 背伸びしない分相応のスペース性能
ユニークといえばユニーク、個性的といえばそうだが、単に四角くて広くて均質化を強めた昨今の軽自動車の中にあっては、当然こっちの路線もありという気がする。

デザイン優先ということもあって室内空間は余裕たっぷりとはいかないが、こういう適度な狭さのほうがじつは軽自動車らしい雰囲気が味わえる。欲をいえばもう少し車幅を増やして表情を豊かにしたいが、そうすると普通車になっちゃう。それでもいいと思わせる魅力が、このR2にはあるようだ。

走りは小型登録車に迫る最新の軽の水準。スーパーチャージよりもNAのDOHCがいい。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★★☆


伏木悦郎|自動車評論家
70年代にレースを志し富士スピードウェイで参戦。その間偶然知り合った自動車雑誌編集者にスカウトされる形で業界入り。78年から一貫してフリーランス。FRの魅力に傾倒し国産車によるコンパクトFRの再生が宿願。
《伏木悦郎》

特集