【インプレ'04】伏木悦郎 ダイハツ『タント』 車格を越える居住空間に唸ってしまった

試乗記 国産車

【インプレ'04】伏木悦郎 ダイハツ『タント』 車格を越える居住空間に唸ってしまった
  • 【インプレ'04】伏木悦郎 ダイハツ『タント』 車格を越える居住空間に唸ってしまった
ドアを開け、シートに収まると、「これ以上の広さ大きさは必要か?」と軽自動車の実態を思い知らされる。その商品性の高まりにはもう唸るしかない。

タントは、ほとんどキャブオーバーの鼻先にパワートレインを収納。限られた長さと幅を目一杯使いつつ、高さで広々感を演出する。大人4名がゆったり乗れる豊かな室内空間は軽自動車随一。背高ノッポだが走りの仕上げにもそつがない。

適度に柔らかさを容認する足回りが生むハンドリングは、タウンユースが基本の軽自動車の現実対応として理解できる。無理に高望みしないセットアップには好感が持てた。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★★☆


伏木悦郎|自動車評論家
70年代にレースを志し富士スピードウェイで参戦。その間偶然知り合った自動車雑誌編集者にスカウトされる形で業界入り。78年から一貫してフリーランス。FRの魅力に傾倒し国産車によるコンパクトFRの再生が宿願。
《伏木悦郎》

特集