【インプレ'04】下野康史 スバル『R2』 デザインに重きを置いた新しいアプローチ

試乗記 国産車

【インプレ'04】下野康史 スバル『R2』 デザインに重きを置いた新しいアプローチ
  • 【インプレ'04】下野康史 スバル『R2』 デザインに重きを置いた新しいアプローチ
「箱形」に逆らい、デザインで遊んだ軽。ウエストラインの高いデカパンボディは好きずきだが、僕はスキ。

外形は居住空間にも反映し、スカットルの高い運転席の居住まいは、深い木桶のお風呂に入ったよう。適度な囲まれ感もあって、いまどきのクルマとしては、かなり新鮮。

ただし、窓の位置が高く、天地も低いので、見晴らしを奪われる小さな子どもには不評かも。開口部の狭いテールゲートなど、そのほかにも「デザインの犠牲」がないではない。

クニャっと柔らかい足回り。軽すぎるパワステ。高速では余裕のないパワー。走ると、カタチほどの新味はない。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワー&フットワーク:★★★☆☆
装備内容:★★☆☆☆
オススメ度:★★★★☆


下野康史|モータージャーナリスト
自動車専門誌の編集部を経て、モータージャーナリストに転身。現在はクルマ雑誌を始め、週刊誌のコラムなど幅広く執筆活動を行っている。親しみやすい文体のなかに見える、鋭い着眼点や独特の語り口にファンは多い。
《下野康史》

特集