ラグジュアリーオープンBMW『645Ciカブリオレ』を発売

自動車 ニューモデル 新型車

ラグジュアリーオープンBMW『645Ciカブリオレ』を発売
  • ラグジュアリーオープンBMW『645Ciカブリオレ』を発売
  • ラグジュアリーオープンBMW『645Ciカブリオレ』を発売
BMWジャパンは、BMW6シリーズ『645Ciカブリオレ』を2月1日から発売すると発表した。14年ぶりに復活したBMWのラグジュアリークーペの、カブリオレモデル。価格は1065万円で、納車は4月ごろになる。

645Ciは、オープンエアを満喫するため、後部ガラスから後に「フィン」のように伸びる処理が施されたフルオートマチックのソフトトップ。しかもソフトトップでありながら高い防音・断熱機能を備えた。
 
インテリアは、完璧に仕上げられた素材と厳選された控え目なスタイルを調和させたと、している。
 
安全装備では、ロール・オーバー・プロテクションを標準装備した。これはルーフが開いているか、閉じているかに関係なく、前後方向、左右方向の傾斜角が定値を超えたり、タイヤがロードコンタクトを失うなど、必要な時に作動し、強化されたフロント・ウインド・フレームとともに、乗員の頭部を保護するシステムだ。
 
エンジンは総排気量4.4リットルのV型8気筒を搭載、最高出力が333PS、最大トルク450Nmを発揮する。ボディは5シリーズと同じ軽量ボディ構造を採用、フロント部分にアルミ構造を採用し、ドアにアルミ、フロントフェンダーにプラスチック、トランクリッドにシール・モールディング・コンパウンドを採用することで、前後軸荷重配分50:50を実現した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集