トヨタの磯村副会長が死去

自動車 ビジネス 企業動向

トヨタの磯村副会長が死去
  • トヨタの磯村副会長が死去
トヨタ自動車の副会長で名古屋商工会議所会頭の磯村巌(いそむら・いわお)氏が20日午前9時39分、心不全のため豊田市のトヨタ記念病院で亡くなった。71歳だった。

通夜・葬儀は近親者にて執り行うが喪主や日取りは未定。別途、トヨタと名商による合同葬が行われる予定。磯村氏は山口県出身で、1956年にトヨタ自動車工業(現トヨタ自動車)に入社。84年に取締役に就任し、常務、副社長などを経て96年から副会長に就いていた。

00年からは名商の会頭を務めるなど、中部経済の振興に貢献してきた。95年に奥田碩社長(現会長)体制が発足する際には、磯村氏も社長候補のひとりに挙げられていた。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集