【東京オートサロン'04速報】土屋新監督でARTA新体制

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

【東京オートサロン'04速報】土屋新監督でARTA新体制
  • 【東京オートサロン'04速報】土屋新監督でARTA新体制
  • 【東京オートサロン'04速報】土屋新監督でARTA新体制
  • 【東京オートサロン'04速報】土屋新監督でARTA新体制
9日、東京オートサロン(幕張メッセ)において、オートバックスセブンのモータースポーツチームである、ARTAプロジェクトでは2004年度のチーム体制を発表した。

2003年度プロジェクトのプロデューサー兼JGTC監督を務めた鈴木亜久里がプロデューサーに。昨年度ARTAよりGT500クラスに参戦し、27年間の現役生活に幕を下ろした土屋圭市を2004年度JGTC監督に起用。

土屋は「若いドライバーの育成のために、27年間のレース経験を生かして欲しいと亜久里プロデューサーから託されました。この一年、いかに日本のモータースポーツのポジショニングアップを図っていくかを念頭に、若いドライバーたちとともに頑張っていきたい」とコメントした。

ホンダ『NSX』で参戦するGT500クラスは金石勝智と伊藤大輔。オートバックスのオリジナルマシンである『ガライヤ』(我来也)参戦2年目のGT300クラスは新田守男と高木真一でエントリー。サポートドライバーとして、ARTA出身の金石年弘、井出有治がフォーミュラ・ニッポン。レース経験豊富な田中哲也は、JGTCでの参戦に名を連ねている。

いっぽう、スーパー・アグリ・フェルナンデスレーシングでエントリーするIRLインディカー・シリーズは、7年間にわたってARTAが育成してきたドライバーの松浦孝亮で参戦し、ARTAが世界のトップフォーミュラに通じるドライバーを輩出するまでに成長した。

また、モータースポーツの底辺の育成にも力を注ぎ、カートを強化。従来、年1回のARTAカップやサマースクールなどの開催を「ARTAチャレンジ」という4クラスで構成されるシリーズ戦にグレードアップさせ、子供たちに明確な目標を定めて取り組める体制とした。
《》

編集部おすすめのニュース

特集