豊田通商、中国・天津にエンジニアリング子会社

自動車 ビジネス 企業動向
豊田通商は、中国・天津市に、自動車関連設備のエンジニアリングを行う新会社「天津豊通汽車設備有限公司」を設立した、と発表した。トヨタ系を中心に、現地に進出する部品メーカーの、生産設備の設計・製作などを手がける。

新会社は、資本金50万ドルで豊田通商が70%、豊田通商の子会社の豊通エンジニアリングが30%を出資し、天津経済技術特区に設立した。2005年3月期に、売上高5億円を見こむ。

中国の天津地区では、トヨタ自動車が生産を増やす計画で、これにともない、トヨタ系の部品メーカーの生産も拡大する見通し。

こののため、製造設備の新規需要や保守サービスの需要が拡大すると見られる。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

  • ホンダ、中国で持ち株会社を設立へ---11事業会社を統括 画像 ホンダ、中国で持ち株会社を設立へ---11事業会社を統括
  • 富士通テンが中国に設計会社を設立……カーエレクトロニクス製品 画像 富士通テンが中国に設計会社を設立……カーエレクトロニクス製品
  • ニッパツ、中国に生産会社を設立 画像 ニッパツ、中国に生産会社を設立
  • 仏ヴァレオ、中国にテクニカルセンターを新設 画像 仏ヴァレオ、中国にテクニカルセンターを新設
  • ニッパツ、TDKと共同で中国にHDD用サス生産会社を設立 画像 ニッパツ、TDKと共同で中国にHDD用サス生産会社を設立

特集