トヨタ、テキサス工場建設用地で鍬入れ式

自動車 ビジネス 企業動向

トヨタ、テキサス工場建設用地で鍬入れ式
  • トヨタ、テキサス工場建設用地で鍬入れ式
トヨタ自動車は20日、新車両生産拠点である、米テキサス州サンアントニオ市の工場建設用地で現地時間の17日、鍬入れ式を行った、と発表した。2004年2月頃に着工し、06年から、ピックアップトラック『タンドラ』を年間15万台生産する。

テキサス州に建設する新工場「トヨタ・モーターマニュファクチャリング・テキサス(TMMTX)」は、今年1月に会社を設立した。工場敷地面積は約800万平方メートルで、投資額は8億ドル。従業員を新規に2000人雇用する計画となっている。トヨタは、北米でのピックアップトラックの需要増に対応するため、同工場の建設を計画した。

鍬入れ式では、豊田章一郎取締役名誉会長、田島英彦TMMTX社長のほか、同州知事らが出席した。また、トヨタは同式典の場で、経済・教育・医療分野で活動する5つのNPO団体に、それぞれ10万ドル、合計50万ドルを寄付する、と発表した。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集