【イクリプス『AVN9903HD』】使用頻度はオーディオの方が多い

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
【イクリプス『AVN9903HD』】使用頻度はオーディオの方が多い
  • 【イクリプス『AVN9903HD』】使用頻度はオーディオの方が多い
  • 【イクリプス『AVN9903HD』】使用頻度はオーディオの方が多い
イクリプス『AVN9903HD』ではインダッシュモニターを採用している。オーディオ機能のみを使用する際にはモニターを収納し、見た目にも機能的にもオーディオ専用機として振舞わせるという、これまでのAVN(オーディオ・ビジュアル・ナビ)一体型には見られない、新しいコンセプトを取り入れている。

「AVNといっても、実際にはナビよりもオーディオを使う頻度が圧倒的に高い」と説明するのは、AVC本部・商品企画部の中野雅彦さん。

これまでのAVNではナビの使用を前提としていた。CDを聞くにもナビ画面を切り替えてメニューを呼び出し、モニターをチルトさせてディスクの出し入れを行わなくてはならなかった。オーディオ専用機では単純な動作だったものが、AVNでは面倒になる。「CDひとつ聞くために一体いくつの手順を踏ませるのか、といったクレームも多かった」と中野さんは言う。

様々な改善案を検討してきたが、あるとき「使用頻度の多いオーディオ機能を前面に出し、ナビ機能は必要なときだけ呼び出せば良い」という逆転の発想が生まれたという。それがAVN9903HDで取り入れられた「デュアルフェイスAVN」につながっていく。ナビを主役にするのではなく、あくまでもオーディオを主役にした。

オーディオだけを使う場合には、これまでの2DINタイプのオーディオ専用機と同様に扱える。操作に必要なボタンも最小限で単純明快。直感的なコントロールが可能だ。モニターを起動し、メニューを呼び出せば高度なコントロールもできる。だが、普段からその高度なコントロールを使うことは少ない。使用頻度が少ないものは表に出す必要もないという考え方だ。

能ある鷹は爪を隠す、AVN9903HDはナビを隠す、といったところか。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集