地域に応じた道作りに一歩---国交省が改正道路構造令案を公表

国土交通省は27日、道路構造令の改正案を公表した。今回の改正により、現在は両側4車線が原則の高速道路(高規格幹線道路)を追い越し区間つきの2車線構造で作ったり、乗用車と小型トラックに通行を限定したオーバーパス/アンダーパスなどを作ることができる。

自動車 社会 社会
国土交通省は27日、道路構造令の改正案を公表した。今回の改正により、現在は両側4車線が原則の高速道路(高規格幹線道路)を追い越し区間つきの2車線構造で作ったり、乗用車と小型トラックに通行を限定したオーバーパス/アンダーパスなどを作ることができる。

全国一律の道路構造を見直し、低コストで地域事情に応じた柔軟な道作りをできるようにする政策の一環だ。国交省はこれにより、地方自治体が道路予算を効率的に使って道路を整備したり、用地買収が不要な小型車専用アンダーパスを増やして交差点の渋滞を解消する、などの効果を見込んでいる。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集