【新型日産『プレサージュ』発表】デザインの“日産ボキャブラリー”

自動車 ニューモデル 新型車
【新型日産『プレサージュ』発表】デザインの“日産ボキャブラリー”
  • 【新型日産『プレサージュ』発表】デザインの“日産ボキャブラリー”
  • 【新型日産『プレサージュ』発表】デザインの“日産ボキャブラリー”
  • 【新型日産『プレサージュ』発表】デザインの“日産ボキャブラリー”
日産の新型『プレサージュ』、プラットフォームを共有している『ティアナ』とフロントマスクや全体的な面の作りが似ているように思える。北米の『クエスト』にも共通のイメージが見て取れる。

「決して合わせた訳ではありませんが、デザインスタジオがお互いに確認しあいながら『日産らしさ』をキチンと表現しました。日産ボキャブラリーに合わせてデザインしていきましたから、最近の日産車特有の雰囲気が出たのだと思います」とデザイン本部の第一プロダクトデザイン部・プロダクトチーフデザイナーの倉持卓司氏。

「ミニバンのスペースを保つ、つまり空間を取りながら面の質を考える。しかしスタイリングで機能を犠牲にしないことを前提にデザインしています。」と倉持氏は語った。機能とスタイリング。これらが両立できた時に、美しいデザインは生まれる。
《》

編集部おすすめのニュース

特集