エクレストンまたシルバーストーンを酷評……イギリスGP消滅?

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
エクレストンまたシルバーストーンを酷評……イギリスGP消滅?
  • エクレストンまたシルバーストーンを酷評……イギリスGP消滅?
F1のボスにしてミナルディのパートナーも務めるバーニー・エクレストンがまたしてもシルバーストーンを「口撃」した。これはイギリスGP開催が来月に迫っているためで、エクレストンのシルバーストーン批判はもはや毎年恒例となっている。

エクレストンによるとシルバーストーンのオーナーを務めるBRDC(ブリティッシュ・レーシング・ドライバーズ・クラブ)は4000万ポンド(約80億円)にのぼる資金を無駄にしているという。

「われわれは双方が2000万ポンドずつ出資した。なのにBDRCの愚か者たちは4000万ポンドもの大金をサーキットのためではなく、自分たちのためにだけ使っている。彼らが何をしたか? 何もしていない。ちょっと道を造成し、1400万ポンドをかけて駐車場を作り、450万ポンドを建築家に支払っただけ」

「一体何のためだというんだ? ピットウォールは古いままだし、メディアセンターも変わっていない。ホスピタリティーエリアもなければ、新しいピットもない!」と、ご立腹の様子。

当然、エクレストンの発言はシルバーストーンでのグランプリ開催権利の消滅を示唆している。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集