経営首脳は2万株---トヨタの昨年度ストックオプション付与

自動車 ビジネス 企業動向
トヨタ自動車が昨年度、役員や幹部社員らを対象にしたストックオプション(新株予約権)の付与状況が12日明らかになった。総数は187万6000株で、権利行使価格は2958円。また行使期間は2004年8月1日から08年7月末までとなっている。

本体の役員では張富士夫社長をはじめ、副社長以上の経営首脳が2万株、専務、常務が1万5000株、取締役が1万株となっている。このほか海外子会社の役員や一定の条件を満たしたトヨタの幹部社員には2000株から1万株の権利が与えられた。

トヨタは今年度も役員などを対象に、230万株を上限とするストックオプションを実施する予定で、26日に豊田市で開く定時株主総会に承認を諮る。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

  • トヨタ、今年もストックオプションを実施へ 画像 トヨタ、今年もストックオプションを実施へ
  • トヨタ自動車、「レクサス」販売店の募集を開始 画像 トヨタ自動車、「レクサス」販売店の募集を開始
  • 【新聞ウォッチ】トヨタ「かんばん方式」を世界規模で構築へ 画像 【新聞ウォッチ】トヨタ「かんばん方式」を世界規模で構築へ
  • トヨタ張社長、「アジアの星」の1人に!! 画像 トヨタ張社長、「アジアの星」の1人に!!

特集