トヨタ『カルディナ』に高級装備を装着した特別仕様車

自動車 ニューモデル 新型車

トヨタ自動車は、『カルディナ』に特別仕様車「1.8Z“Lエディション”」と「2.0Z“Lエディション”」を設定して3日から発売した。

今回の特別仕様車は、「1.8Z」、「2.0Z」をベースに、外観ではマルチリフレクター4灯ハロゲンヘッドランプ(専用エクステンション<グリーンスモーク>)、15インチアルミホイールを装備した。内装は黒木目調の専用インストルメントパネルセンタークラスター及びパワーウインドウスイッチベース、専用スウェード調シート表皮、本革巻きステアリングホイール、専用ゲート式A/Tシフトレバー&ノブを採用、高級感を演出した。

また、MD・CD一体AM/FMマルチ電子チューナー付ラジオ+4スピーカーも装備したほか、外板色としてホワイトパールクリスタルシャイン(オプション)、スーパーホワイト?、シルバーマイカメタリックの全3色を設定した。
 価格は1.8Z“Lエディション”が189万8000円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集