ゼンリン、カーナビ用地図ソフトの最新版を発売

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

ゼンリン、カーナビ用地図ソフトの最新版を発売
  • ゼンリン、カーナビ用地図ソフトの最新版を発売
ゼンリンは30日、カーナビ用地図ソフトの最新版「ナビソフトドライブマップSUPER地域版8拡張フォーマット専用シリーズ」を7月中旬から発売する、と発表した。ナビ研S規格拡張フォーマットに対応し、使いやすさを向上させた。

「北海道・東北」「関東」「中部」「近畿」「中国・四国」「九州」の6シリーズをラインアップし、全国767のエリアで詳細な「25mスケール市街地図」を収録しているのが最大の特長。25メートル市街地図は、同社の住宅地図データベースを活用し、建物の形まで分かる詳細な地図表示を可能にした。

機能面では、VICS(道路交通情報通信システム)による渋滞情報や、駐車場情報などの表示も可能。検索機能では、全国620都市において「〜丁目〜番〜号」までの住所検索や、タウンページ掲載の事業所約1800業種約1100万件の電話番号検索ができるようにした。また、拡張フォーマットならではの機能として、高速道路などの分岐ポイントガイドや、最寄検索機能などを網羅した。

標準価格は9800円。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集