犯人は戻ってくる---警察からバイクを奪還した男は身近に

自動車 社会 社会

警視庁は16日、今月7日に月島署に保管されていた盗難バイクを奪還したとして、千葉県に住む20歳の男2人を窃盗容疑で逮捕したことを明らかにした。男は合鍵を使ってバイクを始動していることから、本来の盗難事件についても関与したものとみて調べを進めている。

警視庁・月島署の調べによると、事件が起きたのは7日の午後6時30分ごろだという。警察車両などを置く警察署敷地内の駐車場内に塀を乗り越えて不審な男が侵入。進入警報で駆けつけた署員が盗難車として押収したバイクのエンジンを始動している若い男を発見した。

署員は制止しようと走り寄ったが、バイクが自分めがけて走る素振りを見せたために退避。バイクはこの隙に逃げ去ったという。

警察では防犯カメラに不審な男の姿が映っていないかをチェックしたところ、事件が起こる数十分前から塀の中を伺うように見る不審な作業服姿の若い男2人が映っていることがわかった。

このため、同署ではこの盗難バイクを発見した地域を中心にローラー作戦を実施したところ、警察署近くの工事現場に勤務する2人の男が防犯ビデオにキャッチされていた男と似ていることに気づいた。2人に職務質問すると、犯行に関与したことをあっさりと認めたため、窃盗容疑で逮捕している。

奪還現場を目撃した署員が「合鍵でエンジンを始動していた」と話していることから、この2人が港区内で問題のバイクを盗んだ件についても関与している可能性が高いとして2人を厳しく追及していく方針だ。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集