BMWが短編映画『Who killed the idea?』を特別協賛

モータースポーツ/エンタメ 映画

BMWが短編映画『Who killed the idea?』を特別協賛
  • BMWが短編映画『Who killed the idea?』を特別協賛
ドイツBMWは、ヘルマン・バスケ監督の短編映画『Who killed the idea?』に特別協賛、発売間近のニュー『5シリーズ』が特別な役割を演じる。

映画は、ハリウッドのダウンタウンにある20年代スタイルのオフィスビルの前に、BMW5シリーズが停車するところから始まる。この映画は、捜査活動を追うドキュメンタリータッチと映画『チャイナタウン』のようなクラシックスリラーの魅力を駆使し、観客をアイデアの殺人者の捜索を目撃させる作品。登場する依頼人と私立探偵は、ニュー5シリーズに乗って夜のロスアンゼルスで“アイデア”を追っていく。
 
映画は、6月18日にカンヌ広告フェスティバルでプレミアム上映される予定だ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集