メキシコ産のクルマはアメリカ産より高品質…JDパワー

自動車 社会 社会

高品質化を目指すビッグ3にとってちょっとショッキングな初期品質調査の結果が発表された。JDパワーによる恒例の自動車初期品質調査によると、メキシコで生産され、アメリカに輸入されたアメリカブランドの車の品質が、アメリカ国内で生産されたものを上回っている、という。

メキシコで生産されたクルマの全体の品質は過去5年間で35%もの劇的な改良を見せており、アメリカ国内の19%の改善率を大幅に上回る。この結果、アメリカ国内で生産されたアメリカ車の初期品質調査のスコアは、平均で新車100台につき138の問題箇所なのだが、メキシコ産のものは100台あたり135の問題箇所の指摘となった。

依然トップの日本車との品質の差は縮まった、とするアメリカ車の品質だが、アメリカ国内での生産が日本に追い付くのはまだまだのようだ。
《Sachiko Hijikata, US editor》

編集部おすすめのニュース

特集