クルマは人力では止められない---75歳男性が下敷きになって死亡

自動車 社会 社会

5日午前、山梨県韮崎市の市営葬祭場の駐車場で、駐車したクルマが突然動き出し、これを止めようとした75歳の男性が下敷きになるという事故が起きた。男性は病院に収容されたが、内臓破裂などが原因で死亡している。

山梨県警・韮崎署の調べによると、事故が起きたのは5日の午前9時ごろとみられている。韮崎市富士見ケ丘にある市営葬祭場の駐車場で、親類の葬儀に参加するために訪れた75歳の男性が自分で運転してきたクルマを駐車場に置き、葬祭場の建物に向けて歩き出した。ところが背後で自分のクルマが傾斜を滑るようにして前進していることに気づき、慌ててクルマに駆け寄って止めようとした。

しかし、男性が駆け寄ったころにはかなりのスピードとなっており、腕で支えきることが出来ずに転倒。そのまま暴走するクルマの下敷きとなった。男性は事故を目撃していた他の列席者の通報によって救助され、救急車で病院に搬送されたが内臓破裂などが原因で死亡した。

警察では暴走したクルマの検証を進めているが、死亡した男性が傾斜地に停車させたにも関わらず、サイドブレーキを掛け忘れた可能性が高く、これが事故につながる要因になったとみている。同様の事故は全国で幾度となく起きているが、警察では「動き出したクルマを人力で完全に停止させるのは不可能」と注意を呼びかけている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集