トヨタ『エスティマ』をマイナーチェンジ

自動車 ニューモデル 新型車

トヨタ『エスティマ』をマイナーチェンジ
  • トヨタ『エスティマ』をマイナーチェンジ
トヨタ自動車は6日、『エスティマT』『エスティマL』をマイナーチェンジし、発売した。フロント、リヤのデザインを変更するとともに、新ボディ色4色を新設定。スポーティな「アエラス-S」や、高級シートを採用した「G“レザーセレクション”」を新設定した。

マイナーチェンジ車は、フロントバンパーやヘッドランプ、リヤコンビネーションランプ、ガーニッシュのデザインを変更し、より先進的で洗練された外観とした。内装は、新デザインのオプティトロンメーターや新内装色を採用し、質感・高級感を一層高めた。

アエラスには、スポーティー装備を施したアエラス-Sを設定。専用チューニングのローダウンサスペンションや、パフォーマンスロッド、ステアシフトマチックなどを採用した。G“レザーセレクション”は、本革シート、運転席・助手席シートヒーターを装備した。

このほか、2.4リットルエンジン搭載車は、国土交通省が認定する「超−低排出ガス車」認定を取得。グリーン税制の減税措置対象車とした。

メーカー希望小売価格は、「J」「X」「アエラス」は据え置きとし、「G」は従来比3万5000円高とした。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集