ホンダ、今年度も連結純利益は最高更新の4400億円を予想

自動車 ビジネス 企業動向

ホンダは25日、2003年3月期連結決算を発表した。北米4輪車販売の好調などにより、国内販売の失速をカバー、営業利益は前期比7.8%増の6894億円、純利益は17.6%増の4266億円で、ともに過去最高を更新した。売上高も最高の7兆9714億円(8.3%増)だった。

03年3月期は、4輪車の国内販売が3.3%の減少となったものの、北米はライトトラックの新モデルが好調に推移し、11.3%増の152万台と最高に達した。コストダウン(565億円)も寄与したほか、為替影響は10億円にとどまり、最高益につながった。欧州の営業収支は英国工場の稼働率アップなどにより4期ぶりに黒字転換した。

今年度(04年3月期)も米国市場(03年暦年ベース)が「1600万台プラスアルファで推移する」(雨宮高一副社長)との見方から、北米販売は156万台を計画。売上高は8兆3000億円と、初めて8兆円台に乗せる見通しで、純利益も4400億円と3期連続で最高を更新する予想。ただ、円高による為替影響を1115億円見込んでおり、営業利益は10%減の6200億円にとどまる。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集