バスを停めるときは後続が止まってから、って---トラック不注意

23日午前、兵庫県関宮町内の国道9号線で、バス停に止まろうとした路線バスに後続の大型トラック(15トン積み車)が減速しないまま追突した。この事故でバスは車体後部が大破。乗客3人がシートから投げ出され、軽傷を負っている。

自動車 社会 社会
23日午前、兵庫県関宮町内の国道9号線で、バス停に止まろうとした路線バスに後続の大型トラック(15トン積み車)が減速しないまま追突した。この事故でバスは車体後部が大破。乗客3人がシートから投げ出され、軽傷を負っている。警察ではトラックの運転手が前方を確認していなかったものとみて調べを進めている。

兵庫県警・八鹿署の調べによると、事故が起きたのは23日の午前8時30分ごろだという。関宮町三宅の国道9号線で、乗客を降ろすためにバス停へ停止しようとした全但バスの路線バス車両に、後方から走ってきた大型トラックが激突した。この事故でバスは車体後部が大破。バスから降りようとしていた乗客3人はいずれも前のシートに体を打ちつけたり、転倒するなどして全治1−2週間の軽傷を負い、バスの運転手も首などに軽いケガをした。

警察ではトラックを運転していた男から事情を聞いているが、取り調べに対して「ふと気がついたらバスが止まっていた。急ブレーキをかけたが間に合わなかった」などと供述しているという。警察ではトラック運転手の前方不注意が事故の原因とみて、男を道路交通法違反(前方不注意)で逮捕するとともに、今後は業務上過失傷害容疑についても取り調べを進めていく方針。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集