スズキアリーナでGMシボレー販売拡大、協力はいいけど本当に売れるの?

自動車 ビジネス 企業動向

スズキアリーナでGMシボレー販売拡大、協力はいいけど本当に売れるの?
  • スズキアリーナでGMシボレー販売拡大、協力はいいけど本当に売れるの?
スズキとゼネラルモーターズ(GM)は、スズキが日本でのシボレー車の輸入販売及びアフターサービスを手掛けることで基本合意したと発表した。

スズキはシボレーの2004年モデルから、小型車販売網スズキアリーナ店で、シボレー車を取扱う。現在スズキは、GMと共同開発してスズキが生産しているシボレー『クルーズ』と、シボレー『トレイルブレイザー』を販売している。今後、新たに取扱う車種は両社で検討していく。スズキは輸入するシボレー車の補給部品もスズキが輸入業務を引き継ぐ。現在、シボレーを販売しているヤナセ、GMオートワールドでも引き続きシボレーは販売していく見込み。

スズキはアリーナ店のラインナップを拡充するとともに、シボレー販売でGMに協力する。ただ、軽自動車販売が得意のスズキの販売店が、輸入車のシボレーをどれだけ販売できるかは不透明だ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集