ガソリン価格、当面は高値のまま据え置きへ

エコカー 燃費

石油元売りの大手各社が、4月のガソリンなどの石油製品の卸価格を3月と同じ水準で据え置く方針なのが明らかになった。原油価格はイラク情勢で乱高下を続けているが、当面は高値のまま据え置かれる模様だ。

4月出荷分の据え置きを決めたのは、新日本石油や出光興産など、大手各社。ここのところ原油価格は高値となった後、急落し、イラク戦争が長期化する見通しが強まるとともに、再び上昇している。これまでは販売店が価格上昇コストを負担して急激な値上がりは避けられてきたが、それでもガソリン価格は、じわじわ上昇してきた。現在は高値ではりついている。

今回、据え置きを決めたのに加え、イラク情勢は不透明感を増しており、当面は現状の高値水準が続くのは必至だ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース