【日産三菱が提携!!】ユーザーが70万人

自動車 ビジネス 企業動向
日産自動車と三菱自動車工業が発表した提携の基本合意によると、10月ごろから、三菱は軽商用車の『ミニキャブ』を年間2万台供給する。日産は商品ラインナップが充実できる。三菱は軽自動車の生産台数増加に伴う生産効率の向上が図れる。供給するミニキャブは、トラックとバンの2タイプ。日産の車名や価格は未定。

日産によると日産ユーザーのうち、軽貨物車を持っているユーザーが70万人おり、軽商用車を日産で取扱うメリットがあると判断した。三菱としても軽自動車の量産効果を高められ、開発・製造コストを削減、生産性も向上できると、している。
《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース