【キャンピング&RVショー続報】ホンダ『エレメント』---迫力!! 遊びのSUV

ホンダが北米市場のニーズを取り入れ、北米中心で売ることを考え、生産も北米で行ってきたクルマが『エレメント』だ。クルマというよりは“遊びのためにパワフルに使うための道具”をイメージ。日本導入は夏のレジャーシーズンに間に合わせて、春になるという。

自動車 ニューモデル モーターショー
【キャンピング&RVショー続報】ホンダ『エレメント』---迫力!! 遊びのSUV
  • 【キャンピング&RVショー続報】ホンダ『エレメント』---迫力!! 遊びのSUV
  • 【キャンピング&RVショー続報】ホンダ『エレメント』---迫力!! 遊びのSUV
  • 【キャンピング&RVショー続報】ホンダ『エレメント』---迫力!! 遊びのSUV
ホンダが北米市場のニーズを取り入れ、北米中心で売ることを考え、生産も北米で行ってきたクルマが『エレメント』だ。クルマというよりは“遊びのためにパワフルに使うための道具”をイメージ。フロントとリアを無塗装の樹脂製パネルで構成するなど、これまでのSUVとは一線を画す強烈な個性が特長のひとつ。

アウトドアレジャーで用いる様々なアイテムを収納できるよう、室内床はフラット化しており、上下に大きく開閉するバックドアのおかげで楽に積み下ろしができる。また、サイドドアは左右の両側とも観音開きとなっており、開放感は抜群だ。無塗装の樹脂製パネルを多用したボディだが、安っぽく見えないデザインセンスは秀逸。

同時に展示された『MDX』とともに、このエレメントも国内に導入される予定があり、説明員の話では「今春には入ります。夏のレジャーシーズンには間に合わせます」とのこと。生産はアメリカで行い、それをそのまま日本に持ってくる。会場には左ハンドルの北米仕様車が展示されていたが、日本仕様は当然ながら右ハンドルだ。

写真で見ると小さなクルマのように思えるが、車幅は180cmを超えており、文句なしの3ナンバークラス。エンジンは2.4リットルの「i-VTEC」を搭載。動力性能も期待できる。

●おおっと!! メールマガジン「デイリーニュースランキング」では毎日の記事の中からオートアスキー編集部が選んだおすすめ記事をランキングにしてお届け。自動車業界の動向をウォッチング!---
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集