コスト削減成功と円安のおかげ---マツダが好決算で中間決算を上方修正へ

自動車 ビジネス 企業動向

コスト削減成功と円安のおかげ---マツダが好決算で中間決算を上方修正へ
  • コスト削減成功と円安のおかげ---マツダが好決算で中間決算を上方修正へ
マツダは中間連結決算の業績見通しの上方修正を発表した。それによると中間連結決算の売上高は期初予想より293億円増の1兆1593億円、営業利益は同36億円増の146億円となる見通し。経常利益も同61億円増の91億円で、当期利益は35億円増の55億円の黒字になる見通しだ。

中間連結決算を上方修正したのは、当初の見通しを上回る材料費、固定費などの幅広いコスト削減が進み、為替レートも円安に推移したためだ。販売台数では『MPV』、『プレマシー』、『ファミリア』、『トリビュート』などは低迷したが、『アテンザ』や『デミオ』で横ばいに近い水準になった。

通期の見通しは、売上高が前年同期より2451億円増の2兆3400億円、営業利益215億円増の500億円、当期利益が177億円増の265億円となる見込み。

●おすすめ!! メールマガジン「デイリーニュースランキング」では毎日の記事の中からオートアスキー編集部が選んだおすすめ記事をランキングにしてお届け!! 重大ニュースの見落としがこれでなくなります。---
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集