ダイハツ決算、軽自動車販売苦戦で減収減益へ

自動車 ビジネス 企業動向

ダイハツ工業の2003年3月期中間連結決算は、連結売上高が前年同期比4.2%減の4557億円、営業利益が同55.9%減の46億円、経常利益が同37.0%減の57億円となった。2期ぶりの減収、3期ぶりの減益となった。

減収減益となったのは、国内の軽自動車販売が落ち込んだため。三菱自動車やホンダ、スズキなど、軽自動車の新型車投入が相次ぎ、競走が激化、同社も『MAX』(マックス)などの新型を投入したが苦戦した。売上台数は国内が同9.7%減の21万6000台と大幅に落ち込んだ。

通期の予想は連結売上高が同0.6%増の9500億円、連結経常利益が同0.8%減の160億円を見込んでいる。新型『ムーヴ』で一気に巻き返す戦略だ。

●東京モーターショー開幕近付く!! メールマガジン「デイリーニュースランキング」では毎日の記事の中からオートアスキー編集部が選んだおすすめ記事をランキングにしてお届け!! 重大ニュースの見落としがこれでなくなります。---
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集