【新型ホンダ『アコード』発表】「夢がつめる」ワゴンです!

自動車 ニューモデル 新型車

【新型ホンダ『アコード』発表】「夢がつめる」ワゴンです!
  • 【新型ホンダ『アコード』発表】「夢がつめる」ワゴンです!
  • 【新型ホンダ『アコード』発表】「夢がつめる」ワゴンです!
  • 【新型ホンダ『アコード』発表】「夢がつめる」ワゴンです!
  • 【新型ホンダ『アコード』発表】「夢がつめる」ワゴンです!
  • 【新型ホンダ『アコード』発表】「夢がつめる」ワゴンです!
新型『アコード・ワゴン』の開発キーワードは「夢がつめる」。インテリアデザインを担当した本田技術研究所・デザインBスタジオの渡辺正博研究員によると「生活の幅を広げる」クルマを目指したという。

渡辺研究員は、「まずワゴンの使われ方として、荷物がつめることはもちろんのこと、セダンと同じくフォーマルでもありたい。しかしどちらかが犠牲となることなく、それぞれをきっちりこなしたい。つまりセダンのフォーマル性とワゴンの趣味性の両立を図りたい。そこで“夢がつめる”をキーワードに掲げ、フォーマル・趣味性の両立で、お客様がクルマに乗られることによって生活の幅が広げられるクルマを目指した」という。

デザイン開発中には空間研究として、京都の茶室も訪れたそうだ。「茶室の無駄の無い美しさを取り入れ、新型アコードワゴンのインテリアデザインのテーマはシンプルでクリーンな空間。“きれいで・見渡せる”よう、“見せない”方向性のデザインを心がけた」と渡辺研究員。

具体的には、リヤハッチのヒンジ部分。これはセダンにも共通しているが、従来テールゲートダンパーや金属剥き出しのヒンジであったところを樹脂部品で覆うことにより、「仕上げの良い開口部」となっている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集