【新型ダイハツ『ムーヴ』発表】実質90ps級のエンジンと、燃費最良のエンジン

自動車 ニューモデル 新型車

【新型ダイハツ『ムーヴ』発表】実質90ps級のエンジンと、燃費最良のエンジン
  • 【新型ダイハツ『ムーヴ』発表】実質90ps級のエンジンと、燃費最良のエンジン
  • 【新型ダイハツ『ムーヴ』発表】実質90ps級のエンジンと、燃費最良のエンジン
  • 【新型ダイハツ『ムーヴ』発表】実質90ps級のエンジンと、燃費最良のエンジン
新型『ムーヴ』のエンジンは3機種。直列4気筒DOHCターボの「JB-DET」(64ps、10.2kgm、10-15モード燃費18.0km/リットル)を筆頭に、直列3気筒DOHCターボの「EF-DET」(64ps、10.5kgm、同19.8km/リットル)、DOHC自然吸気の「EF-VE」(58ps、6.5kgm、同23.0km/リットル)と続く。

直4ターボエンジンは、メカニズム的には先に発表されたオープンスポーツ『コペン』のものとほぼ同一だが、ムーヴのものは過給圧が若干低められ、かわりにブーストの立ち上がりを早めることで低、中速域での扱いやすさが向上している。

直3ターボは、スペック上はシリーズ最強。エンジン性能曲線を見ても、パワーの立ち上がりは直4ターボをしのぎ、4300rpm付近でほぼ最高出力を発生する。自主規制に合わせて最高出力は64psに抑えられているが、実力的には90psクラスとみていい。また、10-15モード燃費は従来型の自然吸気なみに低く、経済性にも優れている。

直3自然吸気エンジンは、可変バルブタイミング機構付きで、軽自動車の自然吸気エンジンとしてはトップクラスの性能を実現。10-15モード燃費は、ミニバンモデルでは最良だ。
《井元康一郎》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集