【株価】いすゞが30円台相場に突入……累損一掃の計画あるのになぜ?

自動車 ビジネス 株価

米国株式の大幅反落を嫌気し、全体相場は売り先行でスタート。年金資金とみられる買いに下げ幅を縮小したが、依然先行きは許さない状況にある。自動車株は軒並み安。

トヨタ自動車が前日比60円安の2845円、日産自動車が37円安の801円と続落し、ホンダは9月4日に付けた年初来安値(4640円)を更新、4630円。他の業種と比べて株価の下げ幅が相対的に小さいため、むしろ換金売りを誘っている格好だ。

いすゞはついに40円台を割り込み、4円安の37円まで下げた。2005年3月期までの累損一掃を計画しているが、主力のトラック販売が低調とあって売り圧力が収まらない状況だ。

●東京モーターショー開幕近付く!! メールマガジン「デイリーニュースランキング」では毎日の記事の中からオートアスキー編集部が選んだおすすめ記事をランキングにしてお届け!! 重大ニュースの見落としがこれでなくなります。---
《山口邦夫》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集