日野・いすゞ、バス事業統合に向けた準備会社設立

自動車 ビジネス 企業動向

日野自動車といすゞ自動車はバス事業統合に向けた準備会社「ジェイ・バス」を1日付けで設立した。日野といすゞはそれぞれのバス子会社と同準備会社を来年10月をめどに合併し新会社を発足する。

準備会社は日野といすゞが折半出資し資本金2000万円で設立した。本社は東京・大森のいすゞ本社内に置く。社長は日野の中根忠義専務が兼務する。従業員は双方から5人ずつ出し合い合弁会社の形態や事業計画の策定を行う。

日野といすゞは今年1月、それぞれのバス子会社である「日野車体工業」と「いすゞバス製造」を合併し来年10月に新会社を発足することで合意している。国内のバス市場が大幅に縮小したため事業を統合して効率化する。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集