【トヨタF1ドリーム】2002体制発表!!「欲張りだから優勝を期待」(張社長)

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

【トヨタF1ドリーム】2002体制発表!!「欲張りだから優勝を期待」(張社長)
  • 【トヨタF1ドリーム】2002体制発表!!「欲張りだから優勝を期待」(張社長)
  • 【トヨタF1ドリーム】2002体制発表!!「欲張りだから優勝を期待」(張社長)
来週末の3月3日から、いよいよ2002シーズンのF1グランプリがオーストラリア・メルボルンで開幕する。1999年1月の参戦表明から準備を整えてきたトヨタも、ようやくグランプリ参戦を果たす予定。そこでトヨタは、2002シーズンのF1を戦う体制を始め、具体的なモータースポーツ活動について発表した。

F1は、エンジンとシャシー両方を手がけるフルコンストラクターとして参戦する。ドライバーはミカ・サロとアラン・マクニッシュ。テストドライバーには、プロストグランプリのテストドライバーをつとめたこともあるステファン・サラザンとF3000ドライバーのライアン・ブリスコを起用した。ドイツ・ケルンに本拠を構えるTMG(トヨタモータースポーツ株式会社:オベ・アンダーソン社長)を中心に開発運営を行っていく。

今年の目標に関しては、「社長は欲張りなもので、いちばん上を期待する」と張社長は目標を掲げたが、その隣で齋藤副社長は「3年以内に表彰台」と現実的なプランを説明した。「オベ・アンダーソンTMG社長の全戦予選通過という目標は謙虚すぎるのでは?」との質問には、「実際にはもっと上を目指しますし、予選は通ると思います(冨田常務)」とのこと。

レギュラーシートから離れ、長期にわたってトヨタの開発をサポートしてきたサロは、「ベストを尽くす」とやる気満々で、32歳にして初グランプリとなるマクニッシュは「クルマはいい状態なので楽しみにしている」と手短に抱負を語った。
《》

編集部おすすめのニュース

特集