「どちらさまも……」帝国ピストンリング、欧州の生産拠点を移動

自動車 ビジネス 企業動向

帝国ピストンリングは、欧州におけるピストンリング生産拠点を英国からドイツに移管する。英国で合弁を組む米国フェデラルモーグル(FM)がドイツに持つ主力工場を合弁会社に切り替える一方、英国でのFMとの合弁は解消した。

FMは昨年11月、日本の会社更生法に相当する関連法規の適用を米英両国で申請しており、その影響が英国でのピストンリングの合弁にも影響が生じる可能性が出てきたため、ドイツに主力生産を移すことで影響を最小限にとどめる。

新会社の社名は「フェデラルモーグル・TP・ヨーロッパ」(略称=FTE)とし、ドイツ中西部のブアシャイド市に工場を置く。資本金3200万ユーロのうち、FMが66.2%、帝ピスが33.8%を出資する。年間3700万ユーロ(約43億円)の売り上げを見込んでいる。
《》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集