TPR、8期ぶりの営業減益…中国や北米好調も円高影響 通期決算

自動車 ビジネス 企業動向

TPR(帝国ピストンリング)は5月15日、2017年3月期(2016年4月~2017年3月)の連結決算を発表した。

それによると、売上高1753億9800万円(前期比+0.4%)、営業利益205億1400万円(-3.8%)、経常利益は233億1300万円(-3.4%)、純利益は122億8100万円(+4.0%)。8期ぶりの営業減益となった。

中国や北米など海外市場での受注増加により売上高は微増となったが、円高による為替影響を大きく、営業利益は3.8%の減益。純利益は投資有価証券売却益や、前期に計上した過年度法人税等の支払いがなくなったことから増益となった。

今期の業績見通しは、売上高1782億円(前期比+1.6%)、営業利益220億円(+7.2%)、経常利益247億円(+5.9%)、純利益125億円(+1.8%)とした。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集